県立一関工業高等学校による地域貢献「技術・知識を地域につなげるプロジェクト」では、岩手宮城内陸地震の際の避難所となった厳美市民センター山谷分館(旧山谷小学校)に、土木科で学んだ技術・知識を用い、ドローンで空撮した写真や映像、模型などを展示する、震災資料展示室を開設しました。
展示をご覧になりたい方は、平日午前8時30分~午後5時までに厳美市民センターへお問合せください。
また 
5月24日午前10時~11時30分
6月 7日午前10時~11時30分
6月21日午前10時~11時30分

の時間帯は山谷分館への出入りが可能です。
震災資料展示室にある来場票にご記入の上、ご覧ください。
山谷分館に出入りできる日時は今後もこちらでお知らせいたします。